白内障

白内障について

老眼についてのイラスト

目をカメラに例えると、水晶体はレンズ、網膜はフィルムの役目をしています。
水晶体にはレンズとして光を集める働きとピントを合わせる機能があります。この機能も年をとると共に低下し、近くの物が見えにくくなります。この状態を老視(老眼)といいます。

水晶体のもう1つの特長は、透明な組織で光を透過し、眼底の網膜に光を集め、外界の物体の像を結ぶ働きです。透明なはずの水晶体が濁ってくると光が眼底に入る前に錯乱されて、網膜に像を結ぶ働きが弱くなり、かすんで見えるようになります。この濁った状態を白内障と言います。

治療方法

白内障の治療方法については、混濁が進行して、仕事や生活に支障をきたすようになると水晶体を超音波にて切除吸引し、眼内レンズ(人工水晶体)を挿入することにより視力を回復することが可能です。
当院の超音波白内障手術は眼底の治療を優先し、安全で確実な方法で行います。乱視や老視も治せます。

紫外線カット眼内レンズ

紫外線カット眼内レンズ+乱視+多焦点+
乱視及び多焦点(先進医療登録済み)

白内障の治療法01
(ドイツ製) 多焦点眼内レンズ

ドイツ製多焦点眼内レンズ

白内障の治療法02